« 2013年3月 | トップページ | 2013年10月 »

2013.09.27

ケニアの環境(Vol.1)

こんにちは。
先日(25日)に新聞社の取材を行って頂きました。
フィンさんと行動して3週間ぐらいになりましたが刺激を受けることばかりです。記者の方も目が点です。。。。
ケニア選手だから勝てない!!なんて言い訳は通用しないです。ランニング文化や環境の違いがこの結果になっているだけです。イギリスはファラー選手がいますが彼もケニアにトレーニングに行ってから生活スタイルが変わりサラザールコーチの元でトレーニングを積んで頂点を極めたらしいです。トレーニングパートナーのゲーレン・ラップ選手も26分台ですね。
多くの研究者も生理学的に大きな違いはないと言ってます。違いがあるとすれば文化と環境の違いがあります。
学校に通うのに3〜5kmあってこれを走って通学します。また、給食がないため昼食は家に帰って食べるらしい(昼の授業に遅刻したら棒で叩かれるらしいです(笑))つまり、20kmも学校に通うのに走る子供もいるって事ですね。
生活の中で怪我しても故障は少ないと思います。なので、20kmは生活の一部で体がなじむのかもしれませんね・・・。
20130927

| | コメント (0)

2013.09.25

セカンドキャリア

こんばんは。今日も良い天気でしたね。

連休で一週間が短く感じませんか?頑張って一週間を乗り越えましょう!

先日の連休最終日に、イベントで博多に行ってきました。毎回、多くの方に参加して頂き嬉しく思っています。ありがとうございます。また、その会場に有名な元長距離選手も参加してくれました。彼女とは、Facebookでは会話したことがありましたが実際にお話をしたのは初めてでした。現在は、鍼灸師を目指して学校に通っておられます。

以前、朝日新聞の記事でスポーツ選手の引退後のセカンドキャリアについての記事があったのを思い出してスクラップから探してもう一度、読みました。

*朝日新聞2011年1月8日(土)スポーツ

スポーツ選手のセカンドライフのあり方には色々とありますがどれが正解でもないと思います。私も彼女も良い会社にいながら次の夢に向かって会社を退社しました。もちろん残って次の夢に向かうのも良いと思います。(実際に私も会社を辞めなかったら良かった。。って思うこともあります。)ただ、何もしないで愚痴ったり、人と比較しても何の進歩もないのは確実です。競技生活でもそうですが自分が充実していて目標にしっかり向かっていれば愚痴なんて出ないものです。
私は、高校時代から陸上競技を通じて目標に向かって日々努力をすることを教えて頂きました。荻野先生、宗兄弟、会社の上司に感謝しています。
この連休に、彼女と出会って力を頂きました。これからも頑張ります。

20130924

| | コメント (0)

2013.09.23

記録会

おはようございます。
21日に静岡県長距離記録会を見学に行ってきました。
高校生や大学生がたくさん自己記録更新を目指して訪れました。
関西では近畿ユースが行われていましたが、チームを二つに分けて駅伝のために記録に挑戦しに来ていました。駅伝への注目はますます増していると感じました。
女子は以前からですが高校生が実業団選手を倒す時代になりました。今までは、「実業団、大学、高校生」でしたが「大学生、高校生、実業団」の順番になる時代がくるかも。良いことやら悪いことやら。。。でも、元気な姿は良いですね。

2013921_2

| | コメント (0)

2013.09.16

トレーニング環境(1)

2020年東京オリンピック開催が決定し、日本のスポーツはますます盛り上がりますね。

先週は、新潟県の妙高高原に行ってきました。笹ケ峰クロスカントリーにを視察しましたがとても良い環境でした。高校生では佐久長聖高校のコースもあり佐久長聖高校の駅伝の強さが見えました。

フィンさんと一緒に少し走りましたが、ケニア選手はアスファルトでのトレーニングは行わないようです。来年は、この環境を使ってしっかりトレーニングをしたいですね。是非、皆さんも行ってみて下さい。

20130912_2

| | コメント (0)

2013.09.07

再スタート。

おはようございます。久しぶりの書き込みです。

入院や色々とあって書き込みができていませんでした。
医師からもGOサインが出たので活動開始です!
モスクワ世界陸上では、やはりアフリカ勢の強さが目立ちました。日本はどう変わったら良いのでしょうか?現役を引退して指導者の経験や勉強をさせて頂きながら色々と思案しながら一つの方法を作りました。なかなか今の日本の環境では難しい事もありますが、おそらくその方法が一番良いのではないでようか?実業団チームのあるコーチに質問しても同じ回答でしたが。。今の環境では難しい。。。でした。
先週から、ある人の紹介でイギリスのAdharanand Finnさんと一緒に活動を開始しました。彼は、ケニアに6ヶ月間ほど滞在しトップランナーと一緒に生活を送り「ランニングウィズ・ザ・ケニアンズ」を出版され20カ国以上に広がっています。また、サンディー・タイムズ新聞では2012年のスポーツ本No1に選ばれています。毎回、色々なことを学びます。ケニアの練習方法、生活、補強など。。。
そら〜。。日本人は勝てないよ。。。
身体等の差よりもっと違う部分に差があります。トレーニング方法は特殊で凄いですよ!しっかり勉強します。そして本当に私を必要にしてくれる場所で生かします。チャンスを頂いたMaxさんありがとう!
20130907

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年10月 »