« セカンドキャリア | トップページ | 記録会! »

2013.09.27

ケニアの環境(Vol.1)

こんにちは。
先日(25日)に新聞社の取材を行って頂きました。
フィンさんと行動して3週間ぐらいになりましたが刺激を受けることばかりです。記者の方も目が点です。。。。
ケニア選手だから勝てない!!なんて言い訳は通用しないです。ランニング文化や環境の違いがこの結果になっているだけです。イギリスはファラー選手がいますが彼もケニアにトレーニングに行ってから生活スタイルが変わりサラザールコーチの元でトレーニングを積んで頂点を極めたらしいです。トレーニングパートナーのゲーレン・ラップ選手も26分台ですね。
多くの研究者も生理学的に大きな違いはないと言ってます。違いがあるとすれば文化と環境の違いがあります。
学校に通うのに3〜5kmあってこれを走って通学します。また、給食がないため昼食は家に帰って食べるらしい(昼の授業に遅刻したら棒で叩かれるらしいです(笑))つまり、20kmも学校に通うのに走る子供もいるって事ですね。
生活の中で怪我しても故障は少ないと思います。なので、20kmは生活の一部で体がなじむのかもしれませんね・・・。
20130927

|

« セカンドキャリア | トップページ | 記録会! »

つぶやき・なんでも」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。