« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013.12.31

2013年

今年も、あと数時間となりました。

本日は、恩師の宗兄弟と一緒に時間を過ごす機会があり新鮮な気持ちになれました。

旭化成時代は、365日を陸上競技のことだけを考えて生活を行ってきました。

毎年、新しい新戦力があれば戦力外はあたりまえ!これがプロの世界!

私が常に考えていたことは自分が「必要な選手」だと思わない「必要とされる選手」になることが大切。監督に使ってもらう「行動」、「結果」を出さないと評価されなくて当たり前なんです。愚痴ったり、人の悪口を言ったって何の進歩もない!全ての人間に1年間で平等に与えられる条件は以下の式の答えのみ。

式:365日×1日(24時間)=8760時間

これ以外は、平等に与えられるものは何もありません。この時間を、否定していても自身は何の成長も進歩もありません。そんな暇があれば自身の目標に向かってひたすら頑張るしかないでしょう。必要ないと評価されたら必要にされるように頑張るしか無いです。これは、競技の世界だけでないと思います。

2013年は、色々と考えさせられましたね!2014年は新たな挑戦を控えていますが平等に与えられる8760時間を使って頑張りたいと思います。

では、良いお年をお迎え下さい。

|

2013.12.30

全日本実業団駅伝(1)

今年も、あと二日になりました。
私は、全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)のため群馬入りしました。
2013年は、色々とありました。良いことも、悪いことも。。。2014年に生かしたいと思います。
しかし、駅伝には色々な意味で縁があります。その一つに全日本実業団駅伝があります。今日は、スタート地点までランニングを行ってきました。このスタート地点には優勝チームのプレートが埋められています。第38回、39回、42回、43回と優勝することができました。このメンバーに入れたことを光栄に思います。

201312301

通算優勝回数は、旭化成21回、コニカミノルタ7回、カネボウ、ヱスビー食品4回。連覇は旭化成が第23回から28回大会までと第34回から39回までの6連覇が最高です。この2回目の6連覇のメンバーに入れたことも私の競技人生の大きな財産です。
201312302
明後日は、熱い戦いを楽しみにラジオ解説をさせて頂きます。

|

2013.12.27

駅伝大会

こんばんは。今年もあと少しになりました。

只今、一年間の反省と来年の目標設定を行っています。

現役時代は、この季節が一番嫌でしたね。。全日本実業団駅伝前で風邪対策とメンバー入りのプレッシャーと戦っていました。

先日は、全国高校駅伝か開催されましたが見応えのある大会となりました。次は、全日本実業団駅伝、箱根駅伝と続きます。

今年も、全日本実業団駅伝のラジオ解説を行わせて頂きます。

20131225

|

2013.12.18

全日本びわこクロスカントリー

おはようございます。今日は、朝から雨で練習に苦戦しそうです。

日曜日に全日本びわこクロスカントリーに参加してきました。関西の学生は、今はオフ期間です。大会や環境を変えた練習で強化期まで体を作ります。

師匠からも教えて頂きましたが、クロカンは、大会に出場するだけでは意味がなく、クロカン練習を行いながら総仕上げで大会に出る事が重要です。

良い環境で走らせて頂きました。

20151215

|

2013.12.14

ケニアの強さ!

皆さん。こんばんは。
昨日は、久しぶりに6kmを5分ペースで走りました。
来年は、ケニア訪問(予定)と学生と練習を行う予定のためにそろそろ走ります。

陸上競技マガジン2014年1月号にP52ページから6ページでケニアの強さについての記事が載っています。私も登場しています。
少しでも2020年の東京オリンピックで日本人が活躍するヒントになればと思っています。
私がフィンさんから学んだことはもっといっぱいです!

変わることは恐怖が多い。でも、勇気を持ってチャレンジすることが大切!

速報!故障で苦しんだ学生が自己記録を大幅更新!何回も相談にきていました。おめでとう!14分29秒53、14分29秒86です!日本学生個人選手権標準記録突破!

20131213

|

2013.12.12

九州一周駅伝

先日、62年の歴史ある九州一周駅伝の幕が閉じました。
多くのオリンピック選手やトップ選手を生んだ駅伝です。私も、この駅伝で鍛えられました。10日間で4回走って4回区間賞が最低条件で「納戸賞(MVP)を獲得できます。私も46回大会で納戸賞を頂きました。これで自信が付き日本選手権、アジア大会で優勝、世界陸上18位と結果を残すことができました。

今の日本長距離界にはこんな駅伝が必要なんだけど。。。メンバーは24人で10日間を戦う。途中でアクシデントがあったら10日間のチームワークが水の泡!だから「責任感」と「自己管理」で緊張感いっぱい。言い訳はいらない!動かない足を動かして当たり前!中二日で10kmを2分53秒平均で走らないと「納戸賞」はとれない!みんな、獲物を捕らえる目で戦った!「平成の名勝負」「ハンター」「モンスター」と西日本スポーツ新聞の記事を騒がした!皆、その一面をとるために戦った!だから強かったと思う!
最後に記事に載せて頂いたこと幸せに思います。ありがとうございました。

20131212

|

2013.12.06

パフォーマンス向上

シスメックス社のASTRIMのユーザーレポートに登場しました。
この測定器は血液検査をしなくてもヘモグロビン推定値を把握することができます。
私の仕事は、選手が結果を残すためのトレーニング計画を作成することです。その手段の一つが、選手の数値を把握してコーチが強度、頻度、環境を調整するかが大切です。(データと経験が大切。)
特に長距離選手がヘモグロビン値を無視してトレーニングをしても何のトレーニング効果もないでしょう!あるのは、苦しい思いをし「根性」が身に付くか「バーンアウト」するかです。
私が指導した方には必ずこの測定は行ってます。先日、市民ランナーを対象に研究した論文も作成できました。ご協力頂いた皆さん、シスメックスさんありがとうございます。今後も研究を深めて行きたいと思います。

20131106

|

2013.12.01

第80回京都学生駅伝大会

こんばんは。今年もあと一ヶ月となりました。
本日は、京都学生駅伝に出場してきました。この駅伝は、学生駅伝として箱根駅伝に次ぐ歴史のある大会です。
6月の全日本大学駅伝予選会から京都産業大学には大差で敗れ、苦しい戦いを行ってきました。また先日の関西学生駅伝でも同着の着差ありと11連敗中。
今回は、ゴール地点が京都産業大学前ということで必ずトップをとる事を約束し大会に臨みました。結果は、20秒差で優勝をする事ができ連敗記録も止まりました。
寒い中、多くの方々に応援に来て頂き感謝しています。ありがとうございました。
この1勝を大切に次の目標に向かって頑張って行きたいと思います。
20111201

|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »