« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014.01.31

目的と目標

どんな事にも賛否両論はつきもの。

「文武両道」も良い言葉で私も指導で言葉にする。しかし、目的と目標もないのに果たして意味があるのか?って思うことも少なくない。特に、私は学生時代は「文武両道」ができなかった人間である。しかし、自分が生きる目的と目標は明確であった。
競技で世界トップを目指すことは一生はできない。だから、できるときに全てを懸けてきた。結果はオリンピック出場もできなく実績もそれほど。(って言われてるらしい。)
でも、得れた物は大きい。今では勉強の毎日。学んで学生にフィードバックが楽しい!
世界に行かないと見えないことはたくさんある。だから偏って良かったかも。
でも、できるなら「文武両道」の方が良かったかもしれない。
「勝ち組」とか「負け組」とかよく言われるけど「文武両道」だけで決まるのか?例えば「勝」って漢字が書けなくても「答え」があるから書ける。じゃ〜漢字の書けない負け組は追いつく。でも、スポーツで「勝」って意味は勝利や敗退の経験をしないと追いつかない。
何が言いたいかと言うと、「文武両道」が駄目じゃなくて今しかできないことを優先することで得れることも多い。下の写真は私が講演に行った小学生の感想文。小学生でも可能性を信じて頑張ろうとしている子供もたくさんいる。これを活かせてあげるためにも目的と目標を設定してあげることが一番大切なことかも。
2014131

|

2014.01.28

身体組成の変化と減量

いや〜体重が減らない。。現役から7.6kg増。。

そりゃ。。足も痛くなりますね。減量を想像したらどんな方法が思い浮かびますか?
減量を行う上での留意点は以下のことが重要です。
1.スポーツ選手の減量は、体重だけを落とすのではなく、減脂肪でなければいけない。
2.脱水や飲水制限はしない。
3.短期間での減量では脂肪を減らすことは極めて難しい。
4.選手の好みを取り入れた献立を専門の栄養士に作成してもらう。
4月からスタートさせる「育成事業」で ITO-InBody370を使います。
これは、良いですね。
摂取=消費であれば体重は増えない。
摂取>消費であれば体重は増える。
摂取<消費であれば体重は減る。
私の結果は「摂取>消費」です。。。
20140128_3

|

2014.01.26

日本体力医学会

こんばんは。

昨日は、第28回日本体力医学会近畿地方会で「一般市民ランナーの生活習慣の実態について」を発表してきました。無事に発表も終わりました。
2013年:「一般市民ランナーにおけるランニング傷害の実態」
2014年:「一般市民ランナーの生活習慣の実態について」
この2年間で、市民ランナーの基礎ベースが見えました。当たり前ですが指導者は基礎ベースがなくて指導することはできないですよね?これが分かって初めて専門的な「トレーニング」「栄養」の指導ができます。
今回の調査結果の一つに「某団体職員より市民ランナーの方が食生活が悪い傾向が示唆されました。」これは、なぜ。。。
なぜ、こんな結果が出たか分からない指導者はヤバい。。。簡単です。
また、学会では多くの先生方の研究が発表されます。凄く勉強になります。昨日も学生たちに「LINE」を使って休憩中に報告しました。4月からは学生とアスリートの研究を本格的に始めます。もっと勉強が必要ですね!!目指せ!「オレゴンプロジェクト」。
20140125

|

2014.01.23

練習日誌

「練習日誌の必要性」って何でしょう?
日本人は、手帳の持参率が大変高い。毎年、書店等に行くと色々な手帳が並んでいる。私も、使いやすい手帳を探すために1時間以上も店頭に滞在します。
私の元上司に手帳を見せて頂いたことがありますが業務効率の良い人は必ず手帳に特徴があり成績を残します。経済雑誌でも「手帳の活用方法」がよく特集がされています。
陸上競技の日誌も一緒で「長期計画」「中期計画」「短期計画」を明確にし、課題に取り組む必要があります。ただ、陸上競技の日誌は身体の反応が中心になるので計画通り行かないことの方が多いです。例えば、完璧な管理をしていても足に痛みが出ることもあります。
私も良く悩みました。しかし、日誌にはヒントがあります。月間走行距離や週間走行距離の増減率を見てみてもヒントはあります。
以下の写真のファイルは、私の高校から社会人(13年間)の日誌をまとめたものです。
16年間の走行距離は112837kmです。高校3年間は17364kmでした。

20140123

|

2014.01.21

日本記録と世界記録

これは、ある学会で使った資料です。この表を色別で比較をして色々と考えて見て下さい。何を感じますか?しかし、差がつきましたね。。。1993年ケニアのオンディエキが26分台(26分58秒38)に突入して今では26分17秒53となりました。
どうしたら追いつくんですかね。
Photo
1993年旭化成に入社した年です。1994年は世界ジュニアでケニアのダニエルコメンと一緒に走りました。結果は負けましたが。。ベストはあまり変わらなかった。。

10000m 5th IAAF World Junior Championships

1.Daniel  Komen 28’29”74 (5000m13'31"10、10000m28'29"74)

2.Kenji Takao   28’55”24         (5000m13'35"2、10000m28'20"78)

1995年は私は世界陸上選手権の代表になれましたが、ダニエルコメンは5000mで12'56"15で後に3000m(7'20"67)、5000m(12'45"09)の世界記録を出しました。3000mは今でも世界記録で伝説の記録といわれています。

何でこんな差がついたんやろ〜。って考えはじめて20年。

|

2014.01.18

日本は凄いよ!

商品開発の報告先でDefar選手と対面をさせて頂きました。アフリカ勢の長距離を探る私には嬉しい出会いでした。日本人はアフリカ勢は凄い!って言い訳してるけど彼女たちは日本の技術や研究を頼りに日本に来ます。日本の方が凄いのかも??ただ、それを言い訳ですましているだけ??

私も、ジュニア期は「負ける」とか「勝てない」って思ったことがなかった。いつか言い訳をしていたのかも?純粋なジュニア期にいっぱい世界を見た方が良いと思う。それを教えたかったけど。。。

20140117

|

2014.01.17

小学校訪問(2)

17日に京都の大宅小学校へ講演に行ってきました。
1時間、子供たちは真剣に話を聞いてくれました。こんなに真剣な質問ははじめて!!

中学校は陸上部がないみたいですがこれからも楽しく走って下さい。また、一緒に走りましょう!
先生から写真を送って頂きました。

中・高校生で指導者のいない子供たちに練習環境やトレーニングスケジュールを提供するシステムを思案中です。これからは、クラブチームの必要な時代が来るかも。水泳、ゴルフ、スケートのような世界で戦っているスポーツはクラブチームが多い。陸上競技もクラブチームでも良いかも?登録は、高体連と陸連登録の所属が別でも良いみたいです。詳しく調べよ。


■陸上競技ルールブック■
(二重登録の制限)
第8条同一年度内において2つ以上の加入団体から登録することはできない。また、2以上の都道府県陸協に登録することもできない。ただし、中学校、高校生に関しては、通学している学校とそれ以外の加入団体(クラブなど)の両方に登録することができる。この場合、同一協議会(予選大会から全国大会まで通して)には、いずれか一方の所属でのみ出場できる。

2014115

|

2014.01.15

小学校特別授業。

昨日、3年計画の最後の授業が終わりました。体育が嫌いな子供たちも最後まで楽しみました。また、駅伝大会でも始めて8位入賞♪次のステージである山城大会に出場できました。

この授業の目的は、以下の通りでした。

・運動の基礎を楽しむ。

・日々運動しようという意欲を育てる。

・生涯にわたってスポーツを続けようとする気持ちを育てる。

厳しい練習だけじゃなく「楽しい♪」練習で出場することも大切。卒業式まであと47日です!たくさん思い出を作って下さい。私も、楽しい時間を過ごせました。ありがとう!

2014114

|

2014.01.13

第74回日本トレーニングカンファレンス(日本トレーニング科学会)

昨日は、立命館大学びわこくさつキャンパスで『長距離王国・ケニアの強さに迫る』について多くの先生方と 討論しました。ここまで研究が進んでるなら指導者が取り入れればケニアと戦える!

私も講演をさせて頂きましたが良い勉強になりました。

内容:13:00-14:00 基調講演(通訳あり) Adharanand Finn 「Running with the Kenyans」
    14:15-16:15 (シンポジウム)  
遺伝子学の立場から 家光素行(立命館大学スポーツ健康科学部)
バイオメカニクスの立場から 石川昌紀(大阪体育大学)
コーチの立場から 高尾憲司 (株式会社ブルーミング)

2020年に向けてみんなで思案しましょう!

20140112

|

2014.01.03

2014年スタート!

明けましておめでとうござます。

昨年は、お世話になりありがとうございました。

寒い日が続きますが体調を崩されていないでしょうか。

本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

本日は、2014年イベント一回目をスタートしました。西京極陸上競技場で記録会を行いました。参加者の皆さんありがとうございました。私も久しぶりに5000mを走りました。(5000m:19'13")

今年も健康を一番に楽しく走りましょう!

201411

|

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »