« 身体組成の変化と減量 | トップページ | ことわざ。 »

2014.01.31

目的と目標

どんな事にも賛否両論はつきもの。

「文武両道」も良い言葉で私も指導で言葉にする。しかし、目的と目標もないのに果たして意味があるのか?って思うことも少なくない。特に、私は学生時代は「文武両道」ができなかった人間である。しかし、自分が生きる目的と目標は明確であった。
競技で世界トップを目指すことは一生はできない。だから、できるときに全てを懸けてきた。結果はオリンピック出場もできなく実績もそれほど。(って言われてるらしい。)
でも、得れた物は大きい。今では勉強の毎日。学んで学生にフィードバックが楽しい!
世界に行かないと見えないことはたくさんある。だから偏って良かったかも。
でも、できるなら「文武両道」の方が良かったかもしれない。
「勝ち組」とか「負け組」とかよく言われるけど「文武両道」だけで決まるのか?例えば「勝」って漢字が書けなくても「答え」があるから書ける。じゃ〜漢字の書けない負け組は追いつく。でも、スポーツで「勝」って意味は勝利や敗退の経験をしないと追いつかない。
何が言いたいかと言うと、「文武両道」が駄目じゃなくて今しかできないことを優先することで得れることも多い。下の写真は私が講演に行った小学生の感想文。小学生でも可能性を信じて頑張ろうとしている子供もたくさんいる。これを活かせてあげるためにも目的と目標を設定してあげることが一番大切なことかも。
2014131

|

« 身体組成の変化と減量 | トップページ | ことわざ。 »

つぶやき・なんでも」カテゴリの記事