« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014.03.29

宮崎合宿

只今、宮崎合宿です。残り1日!

故障者も回復し順調にトレーニングが進み出しました。

22年前に全国高校インターハイがこの競技場で開催されました。写真の最終コーナーで交わされ第2位(1500m3分50秒00)でした。悔しかった。。。
県大会、近畿大会と全て最初から逃げるスタイルで優勝しました。全国インターハイでもこのスタイルは絶対に崩したくなかった。。。だから、予選の1週目は56秒、決勝は59秒で逃げました。。自分が決めたことは絶対にやる!負けたらまたチャレンジする。この経験は今も変わりません。
久しぶりの宮崎総合運動公園でした。
201403281
201403282

|

2014.03.11

ライフスタイル。

人生の一時期を「夢」に向かってトップレベルで競技に集中できることはとても貴重な経験です。しかし、アスリートの「引退」はいつか訪れます。そこで問題視されることは競技引退後の「第二の人生」、セカンドキャリアです。現在の日本では競技生活がどんなに充実していても競技だけに集中することが「引退後」の人生に大きなリスクとなります。そこで、引退後の生活に備えて現役アスリートを支援する取り組みが必要です。また、アスリート自身が問題を知り「第二の人生」で必要な人材に成長することが重要です。私が陸上の先輩(メダリスト)とビジネスの先輩(大手企業取締役)に教わったこと。

「自分が必要な選手と思うな!必要とされる選手になれ!」(第一人生)

「自分が必要な人材と思うな!必要とされる人材になれ!」(第二人生)

今日は、食品衛生責任者の講義を受けてきました。食品を取り扱うために必要な資格です。

20130311

|

2014.03.06

弱点探し。

競技者として最も大切なことは「弱点」をいかに見つけるかである!弱点のない選手(完成)に記録の向上はない。私は弱点しかない選手だったので進化させることだけを考えていました。結局、弱点だらけで良い成績も残せませんでしたが。。。

指導者は弱点を教えるのではなく「気づかせる」ことが大切かも。故障者が多いのは指導者の責任です。これを怒っても仕方ないので進歩させるために故障の因子を探ることが大切かもしれませんね。気づかせるには時間が必要なため結果が出るには時間がかかりそうです。しかし、自身で気づくと大きな力に変わります。

今日は、立命館大学にMRIがあるので撮影をお願いして選手の筋肉の大きさや腱の状態を探ってみました。
20140306

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »