« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014.05.29

強い奴と弱い奴

「無理」「できない」「あいつが」って愚痴った時が終わり。
先日、私が指導している選手のことを「彼奴は終わりやって!」って言っている指導者がいたらしい(笑)「終わりは本人が決める!」。私もよく「高尾は終わり」って、言われた。その度に、復活して「陸上人生って何回も終わりが来るんやな〜。」って思っていた。
現役時代から思っていることは、真剣に取り組んでいて、人に悪く言われたりすることは幸せって思っている。それだけ注目されている証拠。ちょっとしたことで芸能人は直ぐに週刊誌に載るけど近所のおじさんは載らないでしょ?
人のことを気にしている時間があれば自分を磨け!人のことを気にしている間は、その相手には勝てない!強い心を持つことが大切!
このDVDを純粋に見て前進できる自分自身をずっと持ちたいと思う。

20140529

|

2014.05.23

ランナーズ7月号

こんにちは。金曜日は大学院の授業がないので朝から陸上部のデータ整理をしています。数字で見ると欠点等がよく見えますね。

学生に説明するときに数字で表すと良く理解してくれます。
今月もランナーズ7月号に登場させて頂きました。ありがとうございます。
20140523

|

2014.05.17

栄養指導

今日は午後から大阪府立大学の学生に栄養調査結果のフィードバックを行ってもらいました。学生たちに少しでも栄養と向き合って頂くことが目的です。

良い練習を行っても、良い指導を受けても「栄養」状態が悪いと記録向上は望めません。
例えば、「車はガソリンが無ければ走れません!」「人間は食事でエネルギーを入れなければ走れません!」
皆さんも、しっかり食事を考えて強くなろう!
20140521

|

2014.05.11

ゴールデンゲームin延岡

こんにちは。 全日本大学駅伝予選会に向けてエース強化のためにゴールデンゲームに参加しました。結果は、14分02秒65(2:48:5:38.8:32.11:20)でした。2000mから3000mでけん制しあったので13分55秒は見えました。また、日本トップクラスの選手と一緒に走れた事は今後につながります。関西インカレもあり参加には賛否両論ですが、本当に2020年の東京オリンピックで選手育成を言うなら参加させるべきです!チーム対抗戦のため彼への条件はハーフで優勝と大会記録でした。長距離走は一つのきっかけが大切です。私は、高校ランキング1500m、5000mともに2位で旭化成に入社しました。しかし、初戦で同僚に敗退。。彼は14分30秒台で入社していましたが、3月上旬から旭化成の練習に合流していました。このきっかけで私は彼に10月まで勝つことができませんでした。また1年目のゴールデンゲームでは13分59秒9で初13分台でしたが旭化成の記録会やから疑惑。。っていう人もいました。このきっかけでスランプ。。9月には40代で副監督の宗猛さんにも、市民ランナーにも負けて一気に戦力外。。きっかけって怖いって感じながら、走るのが嫌になった事もありました。しかし、10月の国体で同僚が故障で出場できなくなりました。そこで駅伝メンバーにも入ってない、試合も無い、どうでもいい私に代打で5000mの出場権を頂きました。結果は13分45秒17でジュニア日本記録で2位でした。この記録は当時の日本ランキング10位ぐらいだったと思います。このきっかけで私の快進撃開始です。「きっかけ」って大切です。宗兄弟には色々ときっかけを頂きました。今回、ゴールデンゲームで学んだことを「きっかけ」に頑張って欲しいです。

20140510

|

2014.05.09

関西インカレ3日目!

おはようございます。今日は、関西インカレ3日目です。
今日は、800mの応援に行ってゴールデンゲームin延岡に行ってきます。
昨日の5000mは、6位南雲君14分32秒38、7位平松君14分35秒56とよく頑張りました!二人とも調子を崩してましたが悪いときに結果を残す!これが強い選手です。(設定:南雲14分45秒、平松14分40秒)

入賞おめでとう!

よく、「緊張をしない方法教えて下さい!」って聞かれますが。。。
緊張は、まじめに必死で頑張ってる人にしか生まれません!適当に毎日を過ごせば結果は出ることは無いので緊張はしません!
大事なことは、まじめに必死でやって緊張してるのか?適当にやってて恥をかきたくなくて緊張しているのか?この選別が大切です。
恥をかきたくなかったら普段から頑張れ!恥をかいてもまた頑張れば良い!

|

2014.05.08

関西インカレ初日

おはようございます。今日は関西インカレ二日目です。

昨日は、1500mで優勝と4位入賞でまずまずの滑り出しです。
二人とも故障で苦しみましたが3月の合宿から練習を開始してよく戻しました。
優勝!入賞!おめでとう!
勝負の世界は、「頑張ってる!」「もう無理!」「評価して下さい!」とか言ったら負けです。常に「頑張りが足りない!」「まだやれる!」って思うやつしか勝てないよ!それを思わないで勝てるやつは「天才」か「運」のある人です。少なくとも私の恩師や師匠からはそう教わりました。
20141500m

|

2014.05.07

菊川スポーツクラブ

今日は、良い天気です♪関西インカレがスタートしました!
月曜日(5日)は、菊川スポーツクラブでジョギングセミナーを行ってきました。今年で7年目です。久しぶりに皆さんと楽しく走れました♪
皆さん!ありがとうございました!
さて、長距離チームの状態ですが。。。良くないです。。苦しい戦いになるでしょう!
「走れるときは、どうでも良い!走れないときはが最も大切!」
強い選手は、走れるときはもちろん強い!
本当に強い選手は、走れないときでも結果を残す!
自分を追い込みましょう!
私は、自分にプレッシャーをかけるため賞状ケースを持って大会に行っていました。
20140505

|

2014.05.04

ゴールデンウィーク遠征!

おはようございまます。只今、電車で移動してます。

宮崎県延岡市にある旭化成陸上部を8年ぶりに訪問しました。
目的は、記録会と師匠の宗兄弟、旭化成陸上部の黄金期を共に戦った先輩に刺激を頂きに行くこと。高校卒業後(18歳)から決まっていた大学進学を辞退し3月末に入社試験を受けて入社式を迎えました。
「世界一」を目指すなら全ての雑念をシャットアウトしマラソンだけを見れる旭化成に来い!と、宮崎インターハイで宗兄弟に誘われた事が懐かしい。回答は、「大学に行って世界一になります!」って生意気に断った。しかし、余裕で日本代表になれた高校生最終戦の千葉国際クロカンで惨敗。翌日、親にも言わず高校の恩師に「実業団に行きたい。」「陸上競技は今しかできない!」って必死で泣きながら伝えました。恩師は、「お前はそう言うと思った。。。」って電話を手に誰かと話をしだしました。そして。。「旭化成に行け!」「宗兄弟が待ってる!」最高に嬉しかった!多くの方に迷惑をかけることになりましたが。

「迷惑をかけた方との会話」

大学の監督:「君ならやれる!その代わり4年以内に日本代表になれ!」
母親:「勝手にそんな事したらえらい事になるから家を出るまでお父さんに内緒にしとき!お母さんが後で言うから!」
父親:宗兄弟から自宅に電話があって運悪く父親が出て激怒!「二度と家に帰ってくるな!」
父親とは何時も喧嘩してたから。。。

90年代の旭化成は他チームではエースクラスでも新戦力が加入したら必ず戦力外が当たり前でした。生き残りに必死でした。陸上競技以外を見ることなんかできなかった。旭化成では世界で戦う方法と厳しさをたくさん学べました。

時代は変わって指導の方法も変わりましたが、2020年東京オリンピックまでこの調子で良いのかな。進化する部分と戻さないと行けないことたくさんあると思う。
最近、よく思うことは日本の科学とマラソン知識を持ってケニアやエチオピアで指導をしたら凄い選手が出てくるかも。日本に来る選手はケニアでは二流ですが、一流になって帰ります。興味あり!海外の友人もやってみたら!話をつけようか!って。(笑)
ちなみに、宗猛さんはサラザールに2勝1敗だって。「もっと宗さんの言うこと聞けば良かった!」って言ったら。。「靴を変えるな!って言ったのに。。(笑)」だって。

20140504

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »