« 無駄な努力は無い。。けど。 | トップページ | 菊川スポーツクラブ »

2014.05.04

ゴールデンウィーク遠征!

おはようございまます。只今、電車で移動してます。

宮崎県延岡市にある旭化成陸上部を8年ぶりに訪問しました。
目的は、記録会と師匠の宗兄弟、旭化成陸上部の黄金期を共に戦った先輩に刺激を頂きに行くこと。高校卒業後(18歳)から決まっていた大学進学を辞退し3月末に入社試験を受けて入社式を迎えました。
「世界一」を目指すなら全ての雑念をシャットアウトしマラソンだけを見れる旭化成に来い!と、宮崎インターハイで宗兄弟に誘われた事が懐かしい。回答は、「大学に行って世界一になります!」って生意気に断った。しかし、余裕で日本代表になれた高校生最終戦の千葉国際クロカンで惨敗。翌日、親にも言わず高校の恩師に「実業団に行きたい。」「陸上競技は今しかできない!」って必死で泣きながら伝えました。恩師は、「お前はそう言うと思った。。。」って電話を手に誰かと話をしだしました。そして。。「旭化成に行け!」「宗兄弟が待ってる!」最高に嬉しかった!多くの方に迷惑をかけることになりましたが。

「迷惑をかけた方との会話」

大学の監督:「君ならやれる!その代わり4年以内に日本代表になれ!」
母親:「勝手にそんな事したらえらい事になるから家を出るまでお父さんに内緒にしとき!お母さんが後で言うから!」
父親:宗兄弟から自宅に電話があって運悪く父親が出て激怒!「二度と家に帰ってくるな!」
父親とは何時も喧嘩してたから。。。

90年代の旭化成は他チームではエースクラスでも新戦力が加入したら必ず戦力外が当たり前でした。生き残りに必死でした。陸上競技以外を見ることなんかできなかった。旭化成では世界で戦う方法と厳しさをたくさん学べました。

時代は変わって指導の方法も変わりましたが、2020年東京オリンピックまでこの調子で良いのかな。進化する部分と戻さないと行けないことたくさんあると思う。
最近、よく思うことは日本の科学とマラソン知識を持ってケニアやエチオピアで指導をしたら凄い選手が出てくるかも。日本に来る選手はケニアでは二流ですが、一流になって帰ります。興味あり!海外の友人もやってみたら!話をつけようか!って。(笑)
ちなみに、宗猛さんはサラザールに2勝1敗だって。「もっと宗さんの言うこと聞けば良かった!」って言ったら。。「靴を変えるな!って言ったのに。。(笑)」だって。

20140504

|

« 無駄な努力は無い。。けど。 | トップページ | 菊川スポーツクラブ »