« 完走力テストin茨木市♩ | トップページ | ランナーズ2014年11月号 »

2014.09.28

駅伝1

9月も終わりが近づいてきました。只今、日体大記録会から帰っています。。 いよいよ駅伝シーズンですね。このシーズンは日本人なら最も力が入るシーズンと言っても過言ではありません。私も現役時代は多くの駅伝を経験させて頂きました。 全国高校駅伝は、1年生でアンカーを走り3位。2年生は優勝候補でありながら1区区間40位、まさかのブレーキ。。3年生はロードなら無敵の自信を持っていたが予選会で敗退。しかも全国高校駅伝の当日に彼女に振られるし。。最高のクリスマスプレゼントやった。 社会人は、18歳で全日本実業団駅伝にデビューして区間賞と優勝。2年目は史上2回目の6連覇達成メンバー。しかし、1区の中間地点付近で転倒して正月から7針も縫った痛いスタート。3年目は旭化成史上最強の無敵メンバーで臨んだものの1秒差で負ける恐ろしさを経験。他にも都道県駅伝優勝や千葉国際駅伝と色々な経験をしました。良いことも悪いことも。(以下実績) 指導者になってからは、「高尾さんは駅伝を知らん!」って言われ続けて4年目。 でも、私には駅伝を勝負するにあたって、3つのこだわりがあります。

1.駅伝は直感とオーバーペースで攻める!
2.妥協はブレーキ!攻めて攻めて現状維持!
3.駅伝は無限の力を発揮する!与えられた仕事を達成する!
これで戦ったかな。これから時間がある時に私の駅伝人生を報告します。
駅伝実績 千葉国際駅伝:1回出場
全日本実業団駅伝:7回出場・優勝4回・区間賞4回
都道府県男子駅伝:1回出場・優勝1回・区間賞1回
毎日駅伝:6回出場・優勝5回・区間賞3回
朝日駅伝:5回出場・優勝2回・区間賞3回
九州一周駅伝:7回出場・優勝7回・区間賞14回・MVP1回
全国高校駅伝:最高順位3位・2回出場
20140928

|

« 完走力テストin茨木市♩ | トップページ | ランナーズ2014年11月号 »

つぶやき・なんでも」カテゴリの記事