« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.31

7月最終日!

おはよございます。 7月も今日で終了です。いよいよ修行の8月です。 大学駅伝2015年夏号に大きく特集をして頂きました。(P84−P87)

期待に応えられるようにしっかりトレーニングを行います。

応援宜しくお願いします。
20150731

|

2015.07.30

就職活動!

こんばんは。
今日から生徒が最後の就職活動に出発しました!関西の学生に少しずつ興味を持ってくれる実業団が出てきています。
トレーニングの原理でもある『過負荷の原理(一定以上の負荷を与えなければ効果が出ない。)』から考えると30km走や月間走行距離を800km以上走る選手より、20km走で月間走行距離500kmしか走らず記録もそこそこの選手の方が面白いかもしれません。
三重県まで17時に送って18時半からの練習に帰ってきました。
明日から頑張れ!陸上で食っていくなら一回は命がけで頑張らないといけない時がある。

頑張れ!応援してるから!

20150730

|

2015.07.26

山口県生涯スポーツ指導養成講座

こんにちは。

2泊3日の山口県生涯スポーツ指導者養成講座から帰ってきました。
60人を超える参加者で楽しくランニングを行いました。
参加者の皆さんありがとうございました。山口県は大好きです。これからも楽しくランニングを行いましょう。 色々な情報と理論がありますが指導者や研究者も発言には気をつけないと良い情報も悪い働きをしますね。皆さん。色々な疑問を教えてくれてありがとう。

『人間は一生が勉強ですね!』
201507261
201507262
 201507263

|

2015.07.22

2020年へ

おはようございます。ちょっと長いですが良かったら読んで下さい。

今日から学生は前期試験のため、練習がOFFになります。
OFFは必要だと思っていながら心配になる駄目な指導者4年目です。
とにかく前期試験頑張って。(学生の成長を信用します。)

昨日は運命的な出会いがありました。

今年の春に男子長距離部学生トレーナーを希望する学生がやってきました。彼女は、スポーツ健康科学部に在学していて「長距離部のトレーナーをどうしてもやりたい!」と希望をしてきました。

最初の約束は、

「遊ぶ暇ないよ!」

「厳しいことがあっても泣かない!泣くのは嬉しいときだけ!」

「多くの現場経験と勉強して、東京オリンピックに貢献する!」

(これは、私自身の約束でもあります。)

でした。正直、ちょっと厳しくて辞めちゃうかな?と心配をしていました。

昨日は、そんな話もしながら会話をすると。

高尾「毎日遅くまで大変でしょ?どこから通っているの?」

学生「○○から来ています。」

高尾「○○小学校を知っているよ。」

学生「○○小学校は私の小学校です。」

高尾「2007年に体育の特別授業でいったけど何歳?」

学生「え!小学校5年生です。そういえばマラソン選手が来ました!」

学生「楽しかったこと覚えています!」

学生「高尾さんでしたか!」

そして、現在は毎日一緒に部活でサポート役として、東京オリンピックを目指しています。

私たちは、まだまだ日本スポーツ界に大きな影響を与えるような人材ではありませんが、オリンピックに希望を持って前進しています。2020年東京オリンピック開催に向けてたくさんの問題や責任が挙がっていますが、批判したりするのは止めて前進する話と前向きな話題が欲しいです。

20157221 20157222

|

2015.07.19

第4回京都産業大学長距離競技会

おはようございます。
昨日は、前期最後の京都産業大学長距離記録会がありました。結果は良かった学生、悪かった学生が半分半分。体調を崩して私に走る前までグチグチ言われてた学生は見事に1500mで全日本インカレ標準記録を突破!しかも、一般入部者です。おめでとう!

20157191

201507192

|

2015.07.17

陸上競技マガジン

こんばんは。 皆さん、台風の被害は大丈夫でしょうか?私は、北海道から帰ってきてグランドに向かいました。雨が強かったので明日にポイントを変更しようと学生に話をすると「これぐらいなら行きます!」と練習を行いました。 涼しい環境で良い練習が出来ました。 今月の陸上競技マガジンに記事を載せて頂いています(P138)。次はカラーで載ろうよ!

20150717

|

2015.07.05

実験研究

おはようございます。 昨日、今日にかけて立命館大学BKCでは日本スポーツ栄養学会が行われています。 今年の春から、私が指導する立命館大学陸上競技部長距離は東北大学の松生先生とカルビーさんのフルグラ実験に携わらせて頂きました。日々の継続的なフルグラ摂取によって腸内環境改善の変化や選手の栄養管理意識を変え、コンディショニング向上に繋がり、6月に行われた全日本駅伝予選会では、立命館新記録で関西一位通過を達成することが出来ました。

その実験結果の発表に、選手みんなで参加して来ました。そこで多くの参加者から拍手を頂き、改めて勝利の喜びを実感することができました。 この機会を頂いた松生先生、カルビーさん本当にありがとうございました。
次は、出雲駅伝、全日本大学駅伝に向けて頑張ります。
江原副社長との記念撮影です。
20150604

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »