« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016.06.26

チーム近藤練習会。

おはようございます。
昨日は、「チーム近藤」の練習会に参加して頂きありがとうございました。雨の中、16人の参加者のみなさまにはトレーニングと伴走経験をして頂きました。
近藤さんのコーチングの依頼を受けるまでは、私も障がい者スポーツの「現状」や「感動」、「チャレンジ」を身近に感じることは少なかったです。それは興味が無いのではなく、興味があっても、体験できる情報と環境が少ないことも理由の一つだと感じています。
昨日の参加者は皆さんが多くのことを感じて頂き、応援者となって頂きました。ありがとう御座います。

「チーム近藤」のスローガンは『夢は無限』です。
・夢は達成しても無限の夢が生まれる!
・無限の夢を達成するには無限の努力が必要!
・無限の努力には無限の壁が出現する!
・無限の壁をぶち破るから夢が達成できる!
このサイクルが続く。

2001年に網膜色素変性症と診断されてから走り始めたマラソン。
現在は、親子4人で支えてくれた旦那さんのためにマラソンで限界に挑戦。2020東京の翌年1月は娘さんの成人式。
「夢は無限!」ワクワクする!サングラスも完成。

201606261_2

201606263_2

201606262_3

201606264

|

2016.06.22

感謝

おはようございます。
今日も、天気があまり良くないですね。

6月もあと少し。春から大学院に復学しましたが前期授業もあと一カ月です。

昨日は、郵便物が届きました。投稿していた論文が初めて冊子になって届きました。
御指導頂いた先生、共同研究者の皆さん。ありがとうございました。

今後ともご指導を宜しくお願い致します。

20160621


|

2016.06.19

2016年完走力テストNo.2

こんばんは。
今日は、予選会後で練習はフリーのため東京出張でした。
2016年完走力テストNo.2は町田市で開催しました。
今回もたくさんのランニング仲間と出会い、再会ができました。
参加して頂いた皆さん。ありがとうございました。

いよいよ暑い季節となりますが水分摂取や体調管理には十分注意して下さいね。

20160619


|

全日本駅伝予選会

こんばんは。
本日は、全日本大学駅伝予選会でした。
昨年のトップ通過した後のミーティングで、1年後は覚悟するように話をして一年。
エース級の学生が卒業し、年明けのミーティングで今年の戦力分析は5位予想でした。4位までが全日本大学駅伝出場できるため、1月の新チームから、ハードな練習に取り組みました。また2位以内に入って出雲駅伝の切符獲得するためには故障者が増える覚悟をしての練習を行う必要がありました。
学生たちとミーティングを行いトレーニングを相談し覚悟して臨んだ今大会。結果的に29分台エース2枚の故障で出雲駅伝は6秒差で逃しましたが、全日本大学駅伝の切符は獲得できました。
最終組は全員が自己記録更新で今後が期待できます。
次の目標に向けて頑張ります!応援ありがとうございました。

201606181


|

2016.06.13

教育実習と両立

本日の練習は23時10分に終了!
遅くまで強制的に学生を走らせているの?って思われるかもしれませんが、教育実習が終わるのが20時。それから学生が全日本大学駅伝予選会のために練習を行いたい!と言うとこの時間になります。

でも、これも良い思い出です。一緒に目標に向かって頑張れることは幸せ。
遅くまで練習お疲れ様、教育実習も頑張って下さい。

20160613


|

取材

おはようございます。
最近は、帰宅したらそのまま寝る事が多い。
疲れてるんじゃなくて、充実してるんです!
午前は、予選会の壮行式と練習。
午後は、近藤寛子選手の取材と練習でした。
新聞社、テレビ局と4社も来て頂きありがとうございました。
夢に向かって頑張る近ちゃんとサポーター(陸上部員)を見てくれる人が増えて来ましたね。嬉しそうに取材を受ける姿を見ると本当に嬉しい。
20160612


|

2016.06.05

9回目の菊川スポーツクラブセミナー

こんばんは。
山口県下関市出張から帰って来ました。
今年で9回目の山口県下関市ランニングセミナー!楽しい時間を過ごすことができました。

今回は角島での開催で綺麗な景色を楽しみにしていましたが雨で残念(泣)。
しかし、雨でも毎年多くのランナーに参加を頂き充実したセミナーとなりました

参加者の皆さんありがとうございました。これからも健康なランニングを行いましょう♪

201606052

201606053

201606054


201606055


201606056



|

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »