« 第31回出雲全日本大学選抜競走結果報告 | トップページ | 中学生のランニング教室 »

2019.10.22

立命館大学男子陸上競技部長距離パート

おはようございます。

出雲駅伝や中京大学土曜競技会後に多くのお祝いメッセージを頂きありがとうございます。
また、立命館大学の活躍を見て関東の大学ではなく立命館大学の長距離パート部に入部したいという問い合わせを頂きありがとうございます。
(今からの入学は一般入試となります。)

実は立命館大学長距離パートは皆さんが想像しているようなチームでは無いかもしれません。。

1.陸上だけ頑張る学生は
中京大学長距離競技会と平成国際大学長距離競技会の前日は、地元の小学6年生(約600人)とパラ陸上体験会を午前、午後で行い、その後に遠征に出発します。イベント中に転ける学生も、試合では言い訳しないで結果(自己新)をだします。毎週水曜日はパラ陸上選手のサポートで帰宅は22時のため水曜日は朝練は休みとなります。『学業』『社会貢献』『陸上競技』の3つを頑張る学生が結果を残します。

2.強くなれる環境でやりたい
強くなれる環境『施設』『サポート』などを色々と聞かれますが立命館大学は『学ぶ』環境は日本一です‼️
寮には全員入りますよ。但し、一般寮です。他大学の学生もいますが、同じ寮で生活し自分たちで門限を作って体調管理を行なっています。もちろん、寮費は実費ですよ。
合宿も夏に2回(1週間、2週間)+選抜合宿1回だけです。後はBKCで練習です。
しかし、立命館大学のスポーツ健康科学部は素晴らしいため、色々なアドバイスを頂けます。強くなれる環境かは、自分たちで考えて下さい。そもそも、大学は『学ぶ』場所です。
私たちは、この環境が『日本一強くなれる環境』だと思っています。

3.コーチにしっかり見てもらいたい
コーチは私だけです。私はそんなに優秀じゃないから、パーソナル的な事は無理です。
但し、7年間指導をさせて頂いていますが、高校時代の記録を更新できなかった学生は、ほとんどいません。ただ、競技者であった経験と大学院で学んで、研究をしている事を実行しているだけです。

つまり、立命館大学長距離パートは自ら考える力のある学生が多いから強くなったのです。
私は、良い大学で学ばせて頂き、良い学生に恵まれているから幸せ。
立命館大学ありがとう。
1_20191022091601
2_20191022091601
3_20191022091601
4_20191022091601
5_20191022091601



|

« 第31回出雲全日本大学選抜競走結果報告 | トップページ | 中学生のランニング教室 »

スポーツ」カテゴリの記事