2017.07.23

現場の思考

おはようございます。
いよいよ2017年前期定期試験が始まりました!
テスト期間の練習は、朝練とポイント練習のみとなり、この期間は個々の管理能力を観察します。
昨日は、第4回京都産業大学長距離記録会が開催されました。
故障から復帰組は1種目、それ以外は2種目(1500m+5000m)です。
どんな効果があるの?って思うでしょう!それは個々それぞれ。
気温は35度、2種目で普段より悪環境!(5000mは雨で助かった。)
でも、自己記録andシーズベストぐらいは出るよ!ってマネージャーに宣言してました。
この宣言の、答えは出ない!ただ言えることは、きっと優秀なAIでも予測できないと思います。それは人間には「心」があるから。
*これが予測できたたらAIに支配される。。。
指導方法に「賛否両論」をよく目にします。本当はそんなことしても意味ないって思うんです。
基礎は変わらない「長距離」は「長い」+「距離」=長距離
トレーニング量も、意識して距離が「長く」なったのか、それとも結果として距離が「長く」なったのかで多くの人は、「心」が変わるでしょう。
例えば、3分40秒台や13分台の選手には今回の指導法は適応しないと思います。でも、4分台や14分台の選手には適応するんです。
それは、「こんな環境で結果は出ない論」が「楽しい!どこまでやれるか論」に心が変わったらしい。
指導現場って面白いでしょ。

学生の皆さん、お疲れさん!体調に注意して勉強頑張って!夏合宿を楽しみにしています。

【要注意】熱中症・脱水・故障の対策や知識は必要です。真似ることも意味ないです。

20170722_4

|

2017.07.16

次は独走!

お疲れ様です。
今日は本当に暑い日でした!
午後19時から京都選手権へ学生の大会引率。この季節の長距離種目はナイターで無ければ危険。熱中症や脱水で倒れている選手もいました。
しかし、危険だから参加しないでは無く、どの様に最高のコンディションを作って結果を残すかが選手権覇者!
結果は、1回生が5000mで優勝を達成し京都選手権覇者になりました!おめでとう!浩平!

彼の高校時代は全国インターハイに出場できる選手ではありませんでした。だからこそ、この大会で優勝することは重要でした。
3000mまでは高校生がレースを作りましたが、5000mの最も苦しい局面は3000mから4000mです。自己記録は高校生より遅いですが、成長を見せるために4000mから引っ張るように指示をしていました。
「高校生に引っ張らせて!」っていう人もいますが関係ないです!
25年前、高校3年の京都選手権では、スタートから4500mまで先頭でしたが京産大の学生に抜かれた私。
しかし、結果は14分13秒64で近畿高校記録を樹立することができました。素直に嬉しかったし、自信になり、その後はたくさん世界の舞台で戦えました。人が判断することではない!自分自身がその結果をどの様に考えるかが重要!
背伸びする必要な無い!素直に喜んで次の目標に向かえば良い!
*後ろから2番、3番もうち(笑)これも良し!反省して頑張れば良い。
私は、これからも学生たちを応援します。

My best style !

201707152_2

|

2017.07.09

EPAランニングセミナー(3日目)

こんにちは。
本日は、3日目のSPORTS EPAランニングセミナーでした。天候は不安定でしたが20人も参加して頂きました。徐々に参加者も増えて来ました。

本日は、ランニング障害についてでした。私は現役時代に2回も手術しました。
故障なく走れることが一番大切。
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

201707091

201707093

201707092

|

2017.07.03

秩父宮賜杯第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会(3日目)

只今、3日間の西日本インカレ(広島)から帰宅しました。
本日の結果は、800mで6位入賞、5000mで2位と優勝をさせることが出来ませんでした。
しかし800mは、鳥肌立つレースをしてくれました。
決勝は勝負でスローペースになることはよくあること!
私の現役時代は、勝負でスローは大嫌い!だから先頭で逃げまくる!

これがMy best style。


指示は「感覚を大切に!」それだけ。負けても次のあるレースはこれ(しかしスタートとレース位置は下手:笑)。

■第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会(3日目)■
◎800m(決勝)
原岡昇平(3) 1'59"34 6位

◎5000m(決勝)
岩﨑祐也(4) 14'52";57 2組2位 総合2位
吉岡遼人(1) 15'26"40 1組6位

◎3000mSC(決勝)
楠大輝(3) 9'23"34 2組9位 総合10位

201707021
201707026_6

|

2017.07.01

秩父宮賜杯第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会(2日目)

西日本インカレ2日目が終了!

800mで全員が準決勝進出で決勝進出を目指しましたが1名が決勝へ!
彼とは一年間、昔の800mスタイルで取組んで3年目で自己記録更新とラストのキレを取り戻しました。
何でも最新が良いとは限らない。明日も頑張れ!
201707011
201707012
201707013
201707014

|

2017.06.30

秩父宮賜杯第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会(1日目)

本日より広島で西日本インカレです!
初日は、1500mと10000mで優勝を狙いました。
優勝、2連覇とはいきませんでしたが。。まずまずの結果です。
夏の合宿で完全復活を目指します!

■第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会(1日目)■

1500m(予選)
前川紘導(1) 4'08"45 2組13位
牟田直航(3) 4'10"45 3組15位
亀鷹雄輝(1) 3'57"59 4組2位

1500m(決勝)
亀鷹雄輝(1) 3'59"78 7位

10000m(決勝)
辻村公佑(3) 30'20"17 2組3位 総合3位
桝本剛史(4) 31'07"33 1組1位

201706301
201706303

|

2017.06.19

第49回全日本大学駅伝対抗選手権大会関西予選結果

予選会終了!
無事に全日本、出雲駅伝の出場枠を獲得できました。
学生の意地を見せつけられました。
一年前に6秒で泣き、根性と気合いの一年間。
強くなって関西一になったが、その後は故障の嵐。
2週間前までメンバーが足りなかった。。
しかし、全員が故障を完治させて来た!
最後に告げたことは、

【気合い、意地、根性】

そして、

【次のステージに進もう!】

一応、研究者を目指してますが。。こんなアドバイスをする。。

これも、My best style。
学生とスタッフに感謝。ありがとう!

◾︎第49回全日本大学駅伝対抗選手権大会関西予選結果◾︎
1組
・森太一 30'42"82 2位
・西川諒 30'59"13 6位
2組
・岡田浩平 31'12"93 1位
・吉岡遼人 31'20"37 5位
・小岩慎二 32'00"53 15位
3組
・辻村公佑 30'21"58 3位
・岩﨑祐也 30'29"15 7位

4組
・今井崇人 30'21"56 5位
・桝本剛史 30'28"89 6位
・村武慎平 30'32"04 7位

総合結果

1位 関西学院大学 4°4'08"04
2位 立命館大学 4°5'08"10
3位 京都産業大学 4°6'00"80

☆出雲駅伝出場権獲得
☆全日本駅伝出場権獲得

201706181_2

|

2017.06.16

決戦!

いよいよ最終調整!

立命館大学の指導を行って5年目。
学生とスタッフに恵まれて
・全日本大学駅伝4年連続出場
・出雲駅伝2回出場
・関西駅伝2回優勝
・京都駅伝1回優勝
の成績を残すことが出来ました。
5年目は、最も厳しい戦いが予想されます。学生と一緒に関東勢を目標にトレーニングに励んだ。結果的に故障者も続出。
学生の一言「今年勝負しなくていつ勝負するんですか!」
一週間前には、部員全員が故障を完治させたチーム力に期待。
20170612

|

2017.06.11

第28回日本パラ陸上競技選手権大会

速報!やった!

第28回日本パラ陸上競技選手権大会で、
近藤寛子選手(T12:5'54"66)優勝!
井内菜津美選手(T11:5'50"75)優勝、大会新、日本新!
おめでとう!
厳しい指導して良かった♪
201706111

|

2017.05.27

日本新へ一歩

速報!嬉しいニュース!
昨年の12月から指導をさせて頂いている井内菜津美選手!
1500m(非公認)ですが5分52秒76で日本新!

来月の日本パラ陸上競技選手権で公認を狙います。
応援を宜しくお願い致します。
*パラ競技は指定の大会のみ公認となります。

201705271_2

|

より以前の記事一覧